不妊でお悩みの方に

つらい不妊治療を中医学と不妊カウンセラーの専門知識による
総合カウンセリング

当店の子宝相談ではこのようなお悩みをよくお聞きしています。漢方だけに絞った治療を勧めるのではなく病院での治療周期に合わせた漢方の使い分けを行っておりますので、併用で体調を整えたい方の相談も多数いただいております。ホルモン治療による副作用などが不安な方はぜひ漢方併用にてコンディションを整えることをお勧めします。 また、当店の相談スタッフは薬剤師・国際中医専門員の認定のほか、不妊カウンセラー(日本不妊カウンセリング学会)の認定も持っておりますので、病院受診前で不妊相談を経験したことが無い方や漢方服用が初めての方でも安心して相談いただけます。

なぜ不妊に漢方?

漢方で心身のバランスを整え本来の自分の持っている妊娠力を養う

不妊治療のストレス
不妊治療
「子供になかなか恵まれない」という事だけでも心身共に大きなストレスを抱えていますが、その上に病院に通うという「時間的」「メンタル的」なストレス、病院での「検査・投薬・治療」といった体の負担、「結果になかなか恵まれない」とい辛さなど、不妊治療には多くの苦労がご夫婦の心身に起こります。 それによって女性ホルモンの乱れや心身の消耗といったものも多く見られ、続ければ続ける程心身の負担が大きくなることも。 これらの体調の乱れに対し漢方で「心身を整える」「本来の自分の持っている妊娠力養う」「自分の体や心に自信をつける」こともより必要となっているのです。

妊娠しやすい体作りとは?

「環境」を整えることが「妊娠しやすい体作り」

環境を整える
「妊娠」とは排卵・受精・受精卵分割・着床に至るまでのたくさんの過程を経て奇跡的に赤ちゃんを授かることです。 この過程にはお母さんの体の「卵巣や子宮の健康状態」・「ホルモン分泌」・「精神的な安定」・「生活リズム」に至るまで様々なコンディションの安定という「妊娠への環境づくり」がとても大切になります。 この「環境」を整えることが「妊娠しやすい体作り」だと考えます。 当店では検査結果以外でこの「妊娠しやすい体」を読みとるめやすの1つとして「基礎体温表」を用いています。 中医学では基礎体温表の「低温期・排卵期・高温期・月経期」という4つの時期に分けたグラフからホルモンの分泌や陰陽バランスを読み取り、その方の周期に必要な漢方薬をそれぞれの時期ごとに飲み分けしていただく方法をとります。

妊娠報告&症例

妊娠報告&症例
症例1
結婚2年目で自然妊娠 
ー28歳 会社員ー
結婚2年目。なかなか妊娠に至らず病院にて検査 プロラクチン値高め、生理不順あり、ポリープあり(治療の必要なし)卵管は通っているためタイミングで様子を見るように言われました。周りの友人らが「婦宝当帰膠」を飲んで妊娠しているため絶対妊娠には漢方がいいと思い漢方相談へ来られました。 元々生理痛や生理不順があり鎮痛剤などに頼ってしまっている。PMS(+)胸のハリやイライラ、過食傾向になる。疲れやすくむくみ・肩こりもある。(基礎体温表も持参される) 結果を詳しく見る

漢方相談の結果

中医学の診断では血虚血瘀(漢方相談の結果) ・気滞・腎気虚がありひとまず全周期同じものを継続していただきました。 おすすめおすすめした漢方薬 婦宝当帰膠・逍遥丸・イーパオ・亀鹿仙など ー1か月後 低温期が安定してきてPMSも軽くなってきた様子。 体も疲れにくく朝から元気に動けるようになって体調良好。 ー2か月後 妊娠反応陽性。 仕事は継続しており、通勤も長い為流産しないような漢方に切り替えて様子を見ることに。 ー4か月後 ようやく安定期に入りつわりも落ち着く。 赤ちゃんの成長も良好とのことでした。
症例2
結婚1年弱で自然妊娠 
ー36歳 パート勤務ー
結婚後半年経過。タイミングではなかなか妊娠できず病院に検査に行く前にまずは出来ることをやっていこうと思い漢方を始めることに。 冷え性(+)むくみ(+)生理周期が短く月経量が昔より減っている。その他、体力は比較的ある方で食欲や胃腸も問題なし。(基礎体温表の持参なし) 結果を詳しく見る

漢方相談の結果

腎陽虚による冷え症状や腎の弱り、根本には血虚もありましたのでとりあえず血虚を改善できるものを継続いただきました。 おすすめおすすめした漢方薬 婦宝当帰膠・杞菊地黄顆粒など (1カ月服用後冷えやむくみ、周期の安定などの改善もみられたため2か月目はご夫婦で来店) デスクワークによる目の疲れがあり、肩こりも自覚していらっしゃいました。 「肝腎両虚」と考えご主人も漢方開始されたところ、すぐに妊娠されたようです。
症例3
結婚後2年目で人工授精5回、その後1回目の体外受精により
妊娠 
ー31歳 会社員ー
元々生理不順があり基礎体温表も安定していなかった。多膿胞性卵巣症候群(PCOS)・子宮内膜症・卵管閉塞の3つの問題があり次回からステップアップで体外受精に移行する予定。 不妊治療の副作用により排卵時には卵巣に水が溜まってしまうため採卵が難しいと言われている。PMS(+)イライラや胸のハリ・むくみやすく便秘になりやすい。 冷え性や鼻炎・頭痛などその他のトラブルも多く総合的に体調を整えられる手段として漢方を始めてみようと思い来店される。 結果を詳しく見る

漢方相談の結果

中医学的には「肺気虚」により痰が溜まりやすい体質になっていてその他にも全体的に血虚血瘀や気虚も目立っていました。ひとまず痰をなるべく少なくしながら月経を整えるものと鼻炎などの処方を組み合わせていただきました。 おすすめおすすめした漢方薬 婦宝当帰膠・参茸補血丸・田七人参・星火温胆湯など ー1か月後 鼻炎がとても改善され体の調子もよくなる。また、寝つきが改善され睡眠の質も安定するようになってこられた。 ただ、排卵時病院にて検査をしたところ、卵巣に水が溜まっていたため採卵は残念ながら出来なかった様子。 そのまま見送ることになり、ホルモン剤にて高温期維持。 今回から炎症を抑えるものを切り替えてなるべく卵巣の腫れを鎮めるように変更。 ー2か月後 卵巣の腫れや水の状態も落ち着いており、卵が順調に育っていた様子。 ようやく採卵する事ができたため体外受精後、卵を戻すことに成功。 その後、1回で見事に着床して安定。 ー4か月後 妊娠10週に入る。つわりも始まり体調は安定していないが赤ちゃんの成長は問題ないそうです。
症例4
4回目の体外受精にて妊娠 
ー38歳 パート勤務ー
結婚後なかなか子宝に恵まれず、検査をしたところ子宮筋腫が見つかりました。 筋腫は手術により切除したがまだ卵管のつまりもあるために体外受精からスタートすることになり採卵。1回目の体外受精で着床できなかったため体の負担もあり以前から気になっていた漢方を並行して不妊治療を継続しようと来店されました。(基礎体温表や病院での治療歴も持参) 結果を詳しく見る

漢方相談の結果

筋腫も大きかった事から痰湿や血虚血瘀も元々の体質としてあり、来店当初はホルモン剤の使用によるのぼせのような症状もみられました(腎陰虚)。 今後も病院治療でのホルモン剤使用もあるため、そちらの周期の様子をみながら漢方も周期療法にて飲み分けをしながら体のリズムを作っていく予定でお話し。 おすすめおすすめした漢方薬 婦宝当帰膠・冠元顆粒・星火温胆湯・参茸補血丸・亀鹿仙など ー1か月後 のぼせ症状や睡眠の質も改善され少しずつ体の負担が軽減されてきました。 その後2か月目に体外受精にて受精卵を戻すが初期段階で成長の確認ができなくなる。 (まだ漢方開始後日が浅かったためなかなか体作りの助けにはなっていなかった様子。 しばらくはホルモンの乱れや体調の安定を維持するように周期の飲み分けはお休み 漢方薬は同じように継続して体のコンディションを整える時期をしっかりとることにしました。) ー8か月後 体調も安定してきたので残っている受精卵を顕微授精にて戻すも受精卵に問題があったようで着床せずに反応が見られなかった。 (ホルモン治療も長引き基礎体温表がだんだんと不安定になってきたためしばらくは低温期・高温期・月経期の3期に分けた周期の漢方飲み分けによりホルモンや基礎体温の乱れを安定するように切り替えました。 ー1年2か月後 漢方継続にて最後の受精卵を顕微授精にて戻したところ、着床しその後のエコーでも妊娠確認。 その後無事心音も確認でき、つわりがあるものの赤ちゃんは元気に成長されています。
症例5
結婚6年目で自然妊娠 
ー38歳 正職員ー
37歳の頃から妊活を意識するようになり、不妊専門クリニックへ受診開始。 甲状腺機能の低下・子宮内ポリープ・卵巣機能低下など不妊症の原因となるものが見つかりチラージンなど内服薬などを開始しながらタイミング療法をされていました。 その後、人工受精を1度試みるも着床できなかったため漢方も併用して妊娠しやすい体作りをスタートしようと来店されました。(基礎体温表や病院での治療歴も持参) 結果を詳しく見る

漢方相談の結果

生理痛や月経前症候群(PMS)、ホルモン値も乱れていたため女性ホルモンの底上げになるような漢方薬が必要でした。また体質として鼻炎など他の改善点もあり、妊娠を妨げる可能性もあったため並行で体質改善も開始するという内容でお話ししました。 おすすめおすすめした漢方薬 婦宝当帰膠・参茸補血丸・亀鹿仙・衛益顆粒など ー2週間後 とても飲みやすく美味しく続けているそうで、飲み始めてから体がポカポカするようになってきました。 冬などで風邪症状もありますが風邪も漢方で対応してもらいながら、周期療法による低温期などの飲み分けも開始することになりました。 ー1か月後 月経痛も減り生理がサラサラするようになり少しずつ整ってきたと体感されるようになりました。 温まり方がやはり違うとのことで喜んで継続していただけています。 ー2か月後 生理予定日でしたが少し遅れているとのことで検査をしたところ妊娠反応があり、妊娠5週目に入っていると診断されました。その後つわりも殆んどなく、赤ちゃんも順調に育っているようです。
ご予約

1. お電話にてご予約

不調やトラブルが気になる方はお電話にて相談日時をご予約。 (メール予約は現在お受けしておりません) TEL 078-856-0129(ご予約優先) 営業時間/10:00-19:00(土曜日 -17:00) 定休日/日曜・月曜・祝日
ご予約
漢方侑備堂

2. ご来店

今服用しているお薬やサプリ」「検査結果」「治療経過」「基礎体温表」など個々の必要なもののデータをお持ちになりご来店。
漢方侑備堂
漢方相談

3. 漢方相談

30分~1時間ほど時間をかけて雑談を交えながらゆったり漢方相談。 血流計や舌診を見て今の状態を中医学の観点から総合的に解説&アドバイス。(季節のお茶をお出します)
漢方相談
お会計

4. お会計

漢方薬の効能や飲み方についての説明「ちゃんと続けられる味か」など試飲していただく事も。今後の方針などをお話ししたのちお会計。 (商品代は全て保険適応外になります)
お会計