子宮筋腫でお悩みの方に

子宮筋腫とは、子宮に生じる良性の腫瘍をいいます。 女性ホルモンの影響を受け時間をかけて徐々に大きくなるため、30~40代に見つかることが多く大きさによっては手術が必要になるため、早期に発見し漢方や生活養生を含めてケアすることを提案しています。



ー子宮筋腫の種類

筋層内筋腫:全体の約70%

子宮の筋層内に筋腫が発生したもので、小さいうちは自覚症状が無いため気づきにくいのですが、大きくなると月経過多や生理痛の悪化、不妊症や流産の原因になります。

粘膜下筋腫:全体の約10%

子宮内膜の下に筋腫が発生したもので、子宮筋腫の中でも一番生理痛が酷くなったり月経過多になりやすいと言われ、不妊症の原因になるだけでなく、妊娠後も流産や早産のリスクとなります。

漿膜下筋腫:全体の約20%

子宮の外側の膜の下に発生し、他の子宮筋腫とは異なり症状のないまま巨大化する事が多いです。ごく稀に茎捻転を起こし緊急手術になることがあります。妊娠に関しては、子宮の外側に発生するため不妊症のリスクとしては比較的小さいと言われます。



ー子宮筋腫の不妊症のリスク

子宮筋腫による不妊率は約30~40%と言われます。 これは、子宮内腔と呼ばれる受精卵が着床して赤ちゃんを育む部屋が筋腫のこぶによって変形してしまうこと が原因と言われますが、それ以外にも

  • 子宮全体の血流が悪くなることで着床や妊娠維持が困難になる
  • 着床や妊娠が成立しても筋腫があることで流産や早産のリスクになる
  • 筋腫による子宮の変形により、ピックアップ障害や卵管通過障害など受精の妨げになる

などの不妊症リスクがあると考えられます。



ー漢方薬での対応

元々「腫瘍」というものは、良性・悪性に関わらず中医学(中国の漢方医学)では「瘀血」という血流が悪 いことで生じた病態(イメージとしてはドロドロ血液で出来た詰まり)に分類されます。「瘀血」と言っても

  • 冷えによって生じたもの
  • 運動不足など血行不良によって生じたもの
  • ストレスによって生じたもの
  • 代謝低下によって生じたもの・・

など原因は個々で全く異なりますので、体全体をじっくり診ることで原因を捉えます。
また、個々の体質を改善するために「食養生」や「生活養生」なども並行して取り組むとより改善が期待できます。

ご予約

1. お電話にてご予約

不調やトラブルが気になる方はお電話にて相談日時をご予約。 (メール予約は現在お受けしておりません) TEL 078-856-0129(ご予約優先) 営業時間/10:00-19:00(土曜日 -17:00) 定休日/日曜・月曜・祝日
ご予約
漢方侑備堂

2. ご来店

今服用しているお薬やサプリ」「検査結果」「治療経過」「基礎体温表」など個々の必要なもののデータをお持ちになりご来店。
漢方侑備堂
漢方相談

3. 漢方相談

30分~1時間ほど時間をかけて雑談を交えながらゆったり漢方相談。 血流計や舌診を見て今の状態を中医学の観点から総合的に解説&アドバイス。(季節のお茶をお出します)
漢方相談
お会計

4. お会計

漢方薬の効能や飲み方についての説明「ちゃんと続けられる味か」など試飲していただく事も。今後の方針などをお話ししたのちお会計。 (商品代は全て保険適応外になります)
お会計