新着情報

夏の消耗は「気」だけでなく「陰血」も

神戸も朝晩は涼しくなり、ようやく過ごしやすい季節になりましたが、今年の夏は猛暑でしたね

当店のお客様も数名ですが熱中症になられました

お一人はまだ若い方ですが倦怠感と共に、40℃の高熱が出て寝込んでしまい大変だったようです

元々の慢性疲労や寝不足があると重症化しますので、夏の体調管理はより気を付けましょう

私もこの猛暑で夏対応の漢方「麦味参顆粒」では足りず、

「亀鹿仙」「冠元顆粒」「イチョウ葉エキス」

冠元顆粒

とかなりの種類を対応に使いました
元々血流が悪いので炎天下の通勤ダメージが来て、毎朝頭がボーっとしてしまい思考力が低下していましたが何とか乗り切れて、漢方のありがたみが良く分かりました

ちなみに「麦味参顆粒」と「冠元顆粒」は相性バツグンで併用している方も多いです

 

さて、この猛暑の影響で今年は「筋」のトラブル相談がとても多く寄せられました

中医学では筋は五臓六腑の中でも「肝」に属するのですが、肝の血が消耗すると筋のしなやかさが失われ

・筋がつる

・筋(指など)がこわばる

・肩やひじが痛む

などの自覚症状がでます。

中医学では夏は「気」を消耗するといいますが、猛暑ともなれば「血」「津液(潤い)」すべてが消耗してしまいます

夏のダメージは秋冬の体調にも影響しますので

「夏の疲れが取れない」という方は早急に漢方で改善してください

 

↑なかなか手に入らなかった「マモン・エ・フィーユ」さんのビスキュイをいただきました

難しい不妊症のご相談の方から、妊活をサポートして無事に妊娠できたことのお礼とのこと
こちらこそお礼を言いたいです

 

夏の消耗は「気」だけでなく「陰血」も