新着情報

月経周期の貧血と漢方

台風が心配でしたが少し離れた予測になりましたね

台風で家に居る予定に変更になったという方はぜひ↑中医学イベントにご参加ください

「健康長寿のために今わたしたちにできること」

2020年10月11日(日)12:50~15:00 配信予定

閲覧はコチラ⇒http://youtu.be/YagFPD5cGNk

 

秋に入り急に冷えが強くなり、肩や首の痛みトラブル・腰の痛みやぎっくり腰などの相談も急増しています

当店では新たにウチダ和漢薬さんの入浴剤も入荷しましたのでぜひ早めに血行不良を改善しましょうね

さらにこの秋は花粉が多く飛散しているようで「花粉症」「アレルギー」相談も急増中です

気管支のアレルギー症状になると咳が慢性化してしまい「咳喘息」と診断されてしまいますのでこじれる前に対処したい所です

お客様にも「いつも数か月は咳が止まらなくなり、病院の薬も効かないので咳は出始めにガツンと治す」という方がいらっしゃって、自分に合った飲み合わせですぐ治せるようになっていますので咳を侮らず早めに漢方をスタートしてください

また、タイトルにもあるように不妊症相談の方に

「月経中に貧血症状が出たり、しんどくなったり(倦怠感)頭痛が出やすい」

という月経過多と思われる相談も少し増えています

原因としては、

・子宮筋腫や子宮内膜症など月経過多になりやすい疾患を持っている

・「気虚」で出血コントロールができずダラダラ出血している(脾不統血など)

・元々の「血虚」が強く、出血で血虚が酷くなる

・血流をよくする漢方「活血薬」が効きすぎて月経過多になってしまう

など沢山の原因があります

経血の状態や問診だけで大体の原因は特定できますので経血コントロールは数種類のやり方がありますが、

月経の前から経血が多く出過ぎないようコントロールする漢方を使う事が多く、大事な血液ですので無駄な消耗を抑制するように調節します

よく

「月経痛は当たり前ではなく異常

といいますが、月経過多や月経時の体調不良も異常ですので、我慢せずに改善するよう心がけてくださいね

 

↑体調を崩していた友人が少しずつ元気になり、お店に立ち寄れるようになったとのことでお花をプレゼントしてくれました

焦らず体の声に耳を傾けてゆっくり治す気持ちが1番の治療ですね

 

月経周期の貧血と漢方